女の人

事業譲渡という戦略|闘いは既に始まっている

スムーズな会社運営

ビル

インドネシアで会社設立をするときには外資法人と内資法人のいずれかを選ぶ必要があります。外資法人だと少しでも外資が含まれていれば良いです。一方、内資法人の場合は外資の制限がかかりませんし、初期投資の金額も抑制できます。

もっと見る

柔道整復師による治療

施術

整骨院は骨折などの治療を行う施設で、柔道整復師という国家資格をもつ施術者が行うのが特徴となっています。開業する人は増えてきていますが、開業資金や運営資金は高めなので注意すべきでしょう。高齢化社会によるニーズの高まりが増加の理由です。

もっと見る

日本でも実施が増加

コイン

売り手の事業の清算

ビジネスの場は刻々と変化しています。ビジネスは需要がないと生き残ることはできません。現在安泰な事業であってもいつその需要がなくなるのか先が見えないのです。会社を経営することはこのビジネスの舵を取ることです。必要ないと判断した事業はすぐに切り離す戦略などが必要になります。ベンチャー企業や個人で行っている企業であれば、その判断は速やかに実行できます。思い立ったらすぐに開始することもできます。しかし大企業の場合には、思うようにはいきません、株主や融資先の金融機関、取引先などの利害関係者が多数いるからです。それらすべての承認を事前に取る必要があるのです。そして事業を切り離す場合にどの手法で行うのかも定義しておかなければならないのです。

買い手の工数削減

事業を切り離す方法に事業譲渡があります。資産や負債も含めた事業全体を他の会社に譲渡することです。M&Aなど事業に関する売買はアメリカなどでは日常的に行われていますが、日本ではあまり頻繁には行われてはいません。事業譲渡はその中でも比較的簡単に行う事ができるメリットがあるため、最近の日本でも積極的に取り入れられるようになっています。会社では新規参入も良く実施されています。そのため事業をいらないと考える企業もあれば、参入したいと考える企業もあるのです。事業譲渡は事業を一から立てる必要がなく、すでにある事業を譲り受けるため、工数削減のメリットにつながるのです。そのため事業譲渡はポピュラーな取引になりつつあるのです。

支援サービスを使って

美容院

お客さんの髪を扱う美容師として働いているなら、いずれ開業を目指している人は多くなっています。自分一人で開業しようとするとさまざまな手続きが必要になりますが、美容室の開業サポートをしている企業に手伝ってもらえればスムーズに経営が進みます。

もっと見る