スムーズな会社運営|事業譲渡という戦略|闘いは既に始まっている
メンズ

事業譲渡という戦略|闘いは既に始まっている

スムーズな会社運営

ビル

インドネシアで会社設立するためには、きちんと知識を深めておかないといけません。インドネシアに進出するには現地で新しく法人や支店を設立することが挙げられますが、ここでは会社設立に力点を置きます。会社設立には外資法人と内資法人の2種類あります。外資法人はインドネシア人以外の人の出資で会社設立することができるものであり、外資が少しでも含まれていれば外資法人になります。日本人が行うものとしては、現地パートナーと協力して会社設立をすることが多いです。ちなみに、事業内容が飲食業関係の場合は資本比率の制限が基本的にかかります。外資100%の会社設立はほぼ無理です。したがって、現地パートナーが必要になるわけです。

内資法人は外資の制限がかかりませんので、資本比率100%の会社設立が可能です。また、初期投資の金額を抑制することができることも特徴的です。インドネシアで外資法人を設立するには2500万円前後の払込資本金が必要になりますが、内資法人の場合はもっと少額で済みます。およそ10万円前後です。ただし、買収されるリスクは常にあります。これを避けるには1つの工夫が必要です。それは法人登記をするときにインドネシア国籍を持っている人に名義人になってもらうことです。もっとも誰でもいいわけではありません。信頼することができる現地人でなければ、その人に会社を乗っ取られる可能性があるからです。内資法人を成功させるには設立実績のある専門家に依頼することもおすすめです。